亜鉛サプリのおきて@副作用で苦しまないために

亜鉛とは

予防医学が数年前からかなり注目されるようになり、病気になってから治療するというのではなく、事前に病気を予防するということが注目されるようになりました。

 

事前に病気を予防するということは、よく言われるようなマスクを使用したり、うがいや手洗いをしたりするということもそうですが、一番注目されるのは病気の予防になる栄養素をしっかりと摂取するということが注目されています。それは、食事だったりサプリメントだったりします。お茶や飲み物でもさまざまなものが発売されています。
このようなものが、発売されているのですが全く縁がないという人もいるかもしれません。

 

 

しかし、それはかなり勿体ないことなんです。特に、健康面で効果のある栄養素の多くは、吸収率が悪いものやこまめに摂取しなければなら無いもの、食品で摂取するには難しいものが何故か多いのです。ですから、サプリメントなどの健康食品を上手に利用しましょう。

 

 

特に、注目度の高い亜鉛ですが、この亜鉛という栄養素は吸収率が低いのです。
効果は、生殖に関する男性機能から薄毛改善効果などの男性の髪の毛の悩みから、女性の生理に関する悩み、免疫力に関するものなどさまざまです。味覚障害を改善したり、肌や髪をキレイにする効果もあるんです。
その他にも効果があるという優れものなんですよ。

 

 

副作用もある

いくら亜鉛が健康面に効果が高いからと言って、上限なく取り入れることは間違っています。
というのは、亜鉛は副作用がある栄養素であるためです。

 

栄養素の中でも多く摂取しても何ら問題が無いというものもありますが、亜鉛のように副作用があるというものもあります。栄養素の摂取には気を付けたいこともあるのです。

 

 

そんな亜鉛の副作用ですが、結構辛いものも多いとか。
ちょっと不調というくらいで済むものから、病院に行かないといけないくらいのもの、救急で診てもらわないといけないような状態のものまであります。

亜鉛の副作用で苦しんだという人に話を聞くと、「もう絶対にこんなことが無いようにします」と言います。それくらいに辛いことがあるようです。

 

これから、亜鉛のサプリメントを摂取しようとか、亜鉛が豊富な食事メニューにしようとか考えている人は、無視することはできない問題でもあります。

 

 

 

特に、サプリメントというのは、毎日これだけ飲んでくださいというような目安がそれぞれ違います。亜鉛というサプリメントだったとしても、メーカーによっては1日1粒という場合もあれば、2粒、4粒というような場合もあります。もし、メーカーを変えるというようなことがある場合は、使用上の注意はしっかりと読みましょう。

 

 

亜鉛を効率よくとるには 

副作用/頭痛・発熱

亜鉛の副作用の症状として多い頭痛や発熱が挙げられます。まさにウイルス感染したかのような症状と言われています。
というのは、亜鉛の過剰摂取の副作用のひとつに、免疫力低下というものがあり、発熱などと症状的にはかぶる部分があります。健康や美容に効果があると言われていても、サプリメントの摂取にはそれぞれきまりというものがあります。

 

過剰摂取は副作用で体調を壊してしまうため、元の状態に戻るまでに時間が掛かるというような人もいますから、健康や美容から遠ざかってしまうのです。

 

 

男性なら一日12mgが目標摂取量とも言われていますが、継続的に多めに摂取していても、45mgくらいまでは副作用が出ないとも言われています。とはいえ、この数値も100%全員に当てはまるものとは限りません。それぞれの体質が少しづつ違うように、これらの数値にも違いがあっておかしくないのです。
参考までに、女性は一日9mgの目標摂取量がありますが、35mgくらいまでは副作用が起きないとされています。

 

 

特に妊婦さんや母乳をあげている女性は気を付けた方がいいと思われます。
このような数値はあくまで目安、あまり大幅に摂取量を増やすことは好ましくないと言えるでしょう。

 

副作用/吐き気・脱水症状

亜鉛の副作用で吐き気や脱水症状がありますが、これはまさしくからだが過剰な亜鉛の吸収を拒んでいるかの症状です。

 

私たちのからだはよくできたもので、からだに有害なものを食したときなどは吐いたりして受け付けません。からだが吸収する前に危険だと察知するのです。
このような防御作用は健康を維持することに役立っています。

 

 

しかし、からだが吸収してしまってから症状が出てしまうということもあります。これを副作用といいますが、結構辛いものだという意見が多いのです。

 

からだによいものも過剰な量になるとまさしく【毒】になってしまうということなのでしょうか。
薬や麻酔なども量を間違えると大変なことになりますが、適量だからこそ、からだにより良い効果をもたらすのです。

 

 

効果が大きいものほど、このように量を間違うと危険なことになるのかもしれませんね。
吐き気というものは、その程度によりますが、吐くものがあるうちは吐いて楽になることも多いのですが、既に吸収してしまった場合は吐くものが無いのに吐き気だけがあったり、水さえも吐くというようなこともあります。脱水症状というのも下痢などで起きる症状です。

 

これらの副作用は、体力もかなり消耗してしまう症状なので、注意が必要となります。

 

吐き気

副作用/銅の吸収力低下・腎臓障害

亜鉛の過剰摂取が長期間続くことで起きる副作用のひとつに、同じ仲間であるミネラルの吸収を妨げる ということがあります。
こうなれば、亜鉛だけの問題では無くなって来ます。

 

 

銅は、貧血にも深く関わっているミラネルなので、貧血症状が出やすくなります。同時に骨ももろくなるので、骨粗しょう症だと言われている人は特に注意が必要となります。

 

それだけでなく、髪や肌にも悪い影響があるのです。
ミネラルそのものが、吸収をしにくいと有名な成分であるのに、このように更に吸収を妨げるというようなことになると、かなり重大な問題となる可能性があります。

 

 

同じく、腎臓障害についても怖い副作用として有名です。元々、腎臓の機能そのものが低いと言われたことがあるような人は注意が必要です。
また、腎臓に関しては治療が長期間続くものが多いので、一度悪くしてしまうと、通院や治療費も負担となります。

 

 

副作用というものには、さまざまな症状があるのですが、やはりその人が元々弱いところ(腎臓がそこまで丈夫でないとか、元々頭痛もちとか)が症状として出ることが多いのです。

 

何も悪いところは無い、健康そのものという人でも、過剰摂取すれば副作用が出るのは当たり前です。亜鉛の過剰摂取の副作用は、サプリメントの過剰摂取で起きるとされていますので、食事で少しくらい多めに摂取するくらいでは問題ないでしょう。

 

亜鉛を効率よくとるには 

 

マカと亜鉛で効果アップする秘訣 

 

関連情報

http://xn--llqp56n.asia/・・・食事ではなかなか補えない栄養素である亜鉛。そんな亜鉛の効果的な取り方。
http://xn--lck7e160hc93d.com/・・・「マカ」と「亜鉛」のサプリメントの人気ランキングです。